インナーエステを作ったきっかけ

インナーエステを作ったきっかけ

これまで、心を整えるお話をずっとさせて頂きました。
そろそろ東洋医学的インナーバランスを整えるお話をさせて頂こうと思います。
その前に、今月はちょっと小休止。

なぜ私がインナーエステを作ったのかをお話させて頂こうと思います。

私は独立起業する前に14年ほど大手コンタクトレンズ量販店に勤務しておりました。
退職する前は5年ほど店長職にもついておりました。
職業柄、沢山の「人」に接します。
お客様をはじめ、従業員や取引先の方々、近隣の眼科のスタッフや医師などなど、在籍中に恐らく何万人の方々と接したと思います。

何万人もの方々と接していると、色んな方に出会います。
相性の良い方、面白い方、味のある方もいらっしゃいましたが、苦手な方や「?」と思わずにはいられない方も多くいらっしゃいました。

そんな色んなタイプの方々を見てきて、特に女性に対して、ある一つのことに気が付きました。

「女の顔は内面の鏡である。」

10代20代の若いときは、あんまり内面が反映されません。
内面が出来上がっていないということもありますし、若いエネルギーの方が勝っており、若さゆえのフレッシュさやかわいらしさが勝ります。
10代20代の皆さんは、見た目が可愛くてキラキラしていらっしゃいます。
その世代特有のものだと思います。
でも・・・
35歳を過ぎたあたりから、若さのエネルギーは減少します。
そうすると、表情や顔つき、雰囲気に内面が反映されて、出てきます。
生き方がそのまま外見に反映するのです。
意地悪い生き方をされていらっしゃる方は、そのような雰囲気を醸し出しますし、常に戦闘態勢で、人に対して、いつも突っかかって来られる方は、そのような顔つきになりますし、自信がなく、いつも自分では何も決められない方は、そのような表情になります。
どんなに顔の作りが美しくても、生き方が美しくないと、顏の作りよりも、その方の持っている内側のものが勝ってしまい、美しい顏の作りを消し去ってしまいます。
人は、印象でその方が美しいかどうかを認知します。
表情や顔つき、雰囲気を察知して、イメージを作り上げます。
生き方が美しい方は、物腰や話し方まで美しいです。
人に対して常に敬う気持ちがあり、接し方も美しいです。
そのような方にも沢山お会いできました。

歳を重ねれば重ねるほど、美しさの差が開きます。
完熟していく人、腐っていく人。

もちろん、人それぞれの人生なので、ご本人が良ければ、腐っていってもいいと思います。
そのような方に、いくら内側が大事なのですよと唱えたところで、全く入っていかないと思います。

必要な方にこの私の経験を届けたい。
その方の内側からにじみ出る美しさをより輝かせたい。
そして、本物の美しさを持っている女性を沢山作りたい。
キラキラ笑顔の女性を沢山つくりたい。
そうすると、日本が元気になる。
そんな風に誰かの役に立てることができたら、最高だと思ったのです。

私自身が30代の頃、心も体もボロボロで、自分が大嫌いで、病んでいた時期がありました。
私の中で、《暗黒の30代》と言っているのですが、写真に撮られるのも、鏡を見るのも嫌な時期でした。
自分に自信がなくて、いつも一人になると泣いておりました。
その頃の私は、とてもブサイクで根が腐っていたと思います。
そんなところから、40代になって、インナーエステを開発して、自分を好きになって、人様の役に立ちたいと思い始めて、自分でも、内側からキラキラしてきたなと思います。
私のように辛い思いをされていらっしゃる方のお役に立ちたい。
内側からキラキラ輝きたい方のお手伝いがしたい。
それが私の一番やりたいことです。

インナーエステに興味がある、もっと知りたいと思われましたら、私に会いに来て下さると嬉しいです。
変わりたい、キラキラしたい、残りの人生、美しく生きたい。
そんなあなたにお会いできると思うと、ワクワクします。