中医学における春の過ごし方

中医学における春の過ごし方

春はデトックスの季節と良く言われます。
中医学でも、春はエネルギーを外に放出するといいと言われてます。
快適に春を過ごす方法を説明します。

① 何故春はデトックスなのか
② 春の過ごし方
③ 春におすすめの食材

1 何故春はデトックスなのか
中医学は五行学説という中国古来の哲学がベースになっています。
五行学説とは、全ても事象や事物を5つの有機体にわけるという考えです。
5つの有機体とは「木」「火」「土」「金」「水」です。
春は「木」のチームに入ります。
木の性質は、エネルギーが外へ外へ向かうものになります。
春という季節を考えるとわかりやすいと思います。
これから新緑が芽吹いて、生き物たちが外へ出てくる。そんなイメージではないでしょうか。
そう思うと、春というのは、外へ外へ向かうエネルギーというのも納得できると思います。
そして、木のチームの五臓は「肝臓」です。
肝臓は西洋医学でいうところの解毒の臓器です。
解毒=デトックス
春にデトックスというのはここからきているのかもしれません。
確かに、春という季節は、冬に溜まった老廃物を外に出すイメージです。
春にデトックスするのは効果的と言えます。

② 春の過ごし方
春の性質は外へ外へ向かうエネルギーです。
冬の陰の季節から陽の季節へ変化する時期でもあります。
そうすると、自然と同じ動きをすることが、心身共にバランスが取りやすいといえるので、私たちも外へ外へエネルギーを放出させると良いと言えます。
冬の間、お家にこもりがちだった方は、暖かくなってきて、外へ出やすくなりますので、ぜひ外へお出かけする機会を作ってあげると良いと思います。
そして、肝をのびのびさせることをしてあげると良いです。
のびのびストレスフリーで心地よいこと。
自然に触れて思い切り身体を動かすのもよいでしょう。
気の置ける仲間と楽しく過ごすのも良いでしょう。
気持ちをのびやかに過ごされることが一番です。

3 春におすすめの食材
木のチームの五味(五つの味)は酸味です。
酸味をほどよく摂ってあげると、肝臓の働きが良くなります。
摂り過ぎは逆に肝臓の働きを弱らせます。
お酢はもちろんのこと、レモンなどの柑橘系もよいですね。
酸味のある飲み物や、食べ物を少しだけ意識して取り入れてみて下さい。

春を快適に過ごすことができたら、夏バテしにくい身体になります。
ストレスをためないように、のびのびお過ごしください。