更年期世代こそ栄養が必要

更年期世代こそ栄養が必要

更年期とは平均閉経年齢50歳の前後10年のアラフィフ世代のことを指します。
45歳~55歳まで方が対象です。
この年代は、ホルモンバランスが乱れてくる年代です。
特に女性は、女性ホルモンが減少してきます。
女性ホルモンが減少することにより、様々な弊害が起こりやすくなります。
女性ホルモンが減少することによる影響を受けにくくするには、栄養が大事なポイントになります。
どのような栄養を摂れば良いのかをご紹介していきます。

1.更年期世代の中医学的身体について
2.後天の精について
3.水穀の精微について
4.質の良い水穀の精微を取り入れる
5.バランスの良い水穀の精微を取り入れる

1 更年期世代の中医学的身体について

中国最古の医学書「黄帝内経」によると、女性は7の倍数、男性は8の倍数で身体の変化の節目を迎えると言われております。
女性は7歳で歯が生えそろい、14歳で初潮が始まり、21歳~28歳は最も身体が成熟した状態で、35歳から老いが始まり、42歳で白髪が増えて49歳で閉経を迎えるという中国古来の考え方があります。
この7の倍数というのは、腎臓に蓄えられている「精」の量によるものです。
人は生まれてから60歳くらいまでの間で精を使い切ると言われています。
この精とは人体を構成する最小物質のことで、「先天の精」と「後天の精」の二つがあります。
年齢と共に減っていくのは「先天の精」です。
精は、精力の精とイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。
身体にとって、元気の素です。
精がなくなるということは、元気がなくなるということになります。
先天の精が年齢と共に減ってくると、後天の精でそれを補わなければなりません。

2 後天の精とは
後天の精とは、私たちが食べる飲食物の中の栄養素から作られる精です。
よく、「この食べ物は精が付くよ」といいますよね。
その精です。
これも元気の素です。
歳を取ればとるほど元気がなくなるというのは、先天の精が減り、後天の精で補えていないからと言えます。
食べ物の栄養素がちゃんと身体を満たしていないと補えません。
この食べ物の栄養素の事を「水穀の精微」といいます。

3 水穀の精微について
私たちが食べたものは、口から入り、胃でドロドロの粥状になり、脾臓の運化作用により栄養素と不要なものに分けられます。

脾臓の運化作用とは
飲食物の運搬や消化のこと

その栄養素のことを「水穀の精微」と言います。
そして残った不要なカスのことを「残渣」と言います。
この残渣は大腸に送られて便になります。

水穀の精微は飲食物から取り出された、人体の栄養になるものです。
水穀の精微が後天の精になります。

つまり、
水穀の精微=後天の精
ということです。

4 質の良い水穀の精微を取り入れる
先天の精がなくなってくる更年期世代にとって大切な後天の精。
後天の精でしっかり精を補おうとするには「質の良い水穀の精微」が必要になります。
つまり、質の良い栄養素が必要ということです。

質の良い栄養素とは、新鮮な食べ物です。
添加物や化学物質がなるべく入っていない、体内で消化吸収されやすいもの。
加工食品ではなく、素材そのものを味わえるようなものを選んでいただくと良いと思います。
コンビニ弁当よりも、手作りのお弁当屋さんのお弁当の方がいいですし、カット野菜よりも、普通に売っている野菜の方が良いです。
飲み物も、水、お茶などのシンプルなものを選ばれると良いです。
日常の食べ物、飲み物を見直してみて下さい。

5 バランスの良い水穀の精微を取り入れる
中医学では「中庸」が一番良い状態であるという考えがあります。
「中庸」とは、バランスが良いことです。
食べ物もバランスが良いことが一番です。
糖質、脂質、たんぱく質をバランスよく食べること。
五色「緑、赤、黄、白、黒」五味「酸、苦、甘、辛、鹹(しょっぱい)」の食材をバランスよく食べることです。
特に、更年期世代に必要な栄養素は「たんぱく質」です。
タンパク質は血肉になりますから、「精」になりやすい栄養素と言えます。
20歳を境に筋肉量が減ってくるので、たんぱく質は代謝維持のためにも年齢と共に必要な栄養素になります。
もちろん、ビタミンやミネラルといった栄養素も摂って下さいね。

何事も、中庸が一番です。

質の良い水穀の精微をしっかり摂取して、いつまでも元気に若々しく年齢を重ねていきましょう。