梅雨時期不調になるあなたへ

梅雨時期不調になるあなたへ

梅雨時期になると、なんとなく体が重だるい、やる気が起きない、胃腸の調子がすぐれない、頭が重いなどなど、不快指数があがれば上がるほど不調になる方がいらっしゃいます。
そんな方に、梅雨時期を快適に過ごす方法をお教えします。

① 何故梅雨時期に不調になるのか
② 湿邪とは
③ 湿邪が体内に入ったら
④ 湿邪知らずの身体作りにはエイジアハーバルティー

1 何故梅雨時期に不調になるのか
中医学では、自然界には六気という季節の気があると考えられております。
六気とは「風・湿・熱(火)・暑・燥・寒」です。
それぞれ、季節ごとに変わります。
梅雨時期はもちろん「湿気」です。
この六気は、時に身体に有害な「邪気」へと変わり、身体に悪影響を及ぼすことがあります。
梅雨時期は「湿気」が「湿邪」に変化します。
その湿邪が身体に悪影響を及ぼすと、冒頭のような、身体が重だるい、やる気が起きない、胃腸の調子が悪い、食欲がわかない、下痢が多い、頭が重い、むくみがひどいという症状があらわれます。

2 湿邪とは
中医学では自然界と人は同じであるという考えがあります。
自然界が梅雨時期で、ジメジメしていたら、人の身体もジメジメするという考えです。
湿とは、ジメジメ、ジトジトの湿気のイメージです。
その湿気が身体にとって悪さをするものになったものが湿邪です。
湿邪が身体に入ると、ジメジメ、ジトジトの不快症状があらわれます。
湿邪は停滞しやすいので、一度身体に入るとなかなか出て行ってくれません。
梅雨の湿度が高い時期、すっと調子が悪い方などは、この湿邪に身体が侵されている可能性が高いと言えます。

3 湿邪が体内に入ったら
身体が湿気を帯びている状態になります。
湿気=水です。
水は重いので、身体が重だるくなります。
巡りも悪くなるので、気持ちも、頭も、身体もスッキリしません。
常に何かがまとわりつく感じになります。
胃腸もなんとなく、水っぽい感じになり、すっきりしませんので、食欲が湧きません。
酷い場合は、頭に帽子を被っているような頭痛がする方もいます。
便も下痢気味になりますし、身体全体が水を帯びて浮腫んでいる感じになります。
重い、だるい、ジメジメ、ベトベト、ジトジトといった症状が湿邪が体内に停滞している証です。
そんな時は、水はけを良くしてあげる必要があります。
特に、梅雨時期は脾臓が弱ります。
水はけが悪いのも脾臓の弱りからです。
脾臓の力を補って、水はけを良くして、不要な水を外へ出すことにより、湿を外へ追い出すと良いでしょう。

4 湿邪知らずの身体作りにはエイジアハーバルティー
邪が体内に入るというのは、どこかのバランスが悪いからと言えます。
特に、湿邪の影響を受けやすく、毎年梅雨時期に不調になるという方は、「脾臓」が弱い可能性が高いです。
脾臓の機能を補ってあげることにより、日頃から脾臓のバランスを整えていれば、湿邪の影響を受けなくて済みます。
何故「脾臓」のバランスが悪いのかは、人それぞれ要因が違います。
つまり、一人一人に合わせたバランス調整をしなければならないということです。
エイジアハーバルティーはお一人お一人のお身体に合わせてブレンドする、世界に一つしかないあなただけのお茶です。
あなたならではの要因を見つけて、そこを整えることができます。
そうすることにより、日頃から「邪」の影響を受けない身体作りをすることができます。
梅雨時期にを快適に過ごすためにもエイジアハーバルティーを試してみてはいかがでしょうか?